売掛金回収の注意点

取引先に売掛金の未払いが発生したとき、ほとんどの経営者や事業主、財務担当者は回収に向けて動くと思います。売掛金回収時の注意点は非常に多いです。当サイトでは、消滅時効、相手方の資力、支払い猶予に関してご紹介します。

消滅時効とは、売掛金の権利が期間によって消滅する法律上の制度です。債権者が請求するか債務者が債務を認めると時効が中断されます。商取引の場合、民法上では最大3年間までしか時効がありません。売掛金回収を目指すなら、債権者側は速やかに時効の中断と裁判上の請求を実行することが大切です。

相手方の資力の有無は、法的手段を検討するために必要な情報です。仮に債務者の会社が倒産してしまうと、裁判で勝訴しても売掛金回収ができません。事前に債務者の行動をもとに調査し、早期に回収のための交渉に努めるか、貸倒損失として諦めるかを判断しましょう。

支払い猶予とは、売掛金回収ができないときに契約内容を見直す方法です。債務者に対して債務弁済契約書を作成するとき、支払期日や未払いの事実、支払い方法などを記載しましょう。また、不動産や動産の担保を設定したり連帯保証人をつけたりと、支払い猶予を過ぎた場合の対策を立てる必要もあります。

売掛金回収を目指すとき、さまざまなトラブルが起きます。当サイトでは債権者と債務者の間で起きる事柄に対し、適切な情報についてまとめました。売掛金回収が難しいときは、ぜひ当サイトをご活用ください。